自由に行える葬儀の情報

お別れ会という名の葬儀

宗教に依存していなくてもお通夜と告別式などは普通に行われることもあります。例えば、生前では宗教とは無縁な生活をしてきた人でもこの時ばかりは宗派によっての形式で行う場合があります。また、宗教など関係なしに無宗教で行う葬儀があります。宗派による読経の部分などはなくします。これは、無くなられた方の宗教観や、団体葬や、会社などで行われることがあります。無宗教の式は特に“このような形式で”という決まりはないのでイメージを描きにくいこともありますが、お参りの時も線香などの方式は自由にできます。葬儀によっては、お別れ会という名で行われることもあります。

無宗教葬儀の祭壇について

日本における葬儀は、死者の霊を慰めるために執り行うものです。つまりは「化けて出ないよう成仏してもらう」ためにすることです。仏壇に線香をあげ、供え物をし、手を合わす。そうしないと霊が怒るのですから、供養に努めなくてはなりません。一方アメリカにおいては、そこまで悲壮感に満ちたものではないようです。何をするにもカードで気持ちを伝える文化なので、葬儀の際にも使うのですが、それには「故人との思い出があなたを幸せにするでしょう」といったことが書いてあります。アメリカでの死とは天国で神に祝福されること、そんな死生観があるのかもしれません。

新着情報

2016-04-19 家族葬で最後のお別れが追加されました。
2015-08-19 葬儀の価格の相場とはが更新されました。
2014-11-04 設備が便利な箕面聖苑が更新されました。
2014-05-03 葬儀の今のスタイルが更新されました。
2014-04-17 大阪のお得な葬儀とはが更新されました。