トップ >> 故人と家族のための葬儀

自由に行える葬儀の情報

家族葬による葬儀スタイル

近年、家族葬による方法で死者を弔う風習が見られています。これには、従来招かれる参列者に気をつかう必要がなく、故人との別れに十分時間が確保できるなどの特徴が挙げられます。また、家族や一部の親族だけでとり行われるため、葬儀にかかる予算を大幅に抑える効果があります。こうしたことから、家族葬を行う葬儀屋は大阪でも複数見かけられ、一般人からの需要が高いものとされます。昔からの葬式には、遺族に多くの負担をかけてしまいます。家族だけでする場合、こうした負担を3分の1程度にまで軽減されます。

葬儀とはだれのためのものか

そもそも葬儀というのはだれのためにあげられるものなのでしょうか。亡くなった人のためにお葬式をするという考え方もあるかもしれませんが、ほかにも参列者のために葬儀はとりおこなわれているという考え方もできるのではないでしょうか。故人と親しかった人が、故人との最後のお別れをする場です。故人との思い出を思い出しながら、その人とのお別れのために気持ちを区切るための儀式、そして故人が安らかに眠れるようにとみんなでお祈りする、きちんとしたお別れの場とも考えられます。