トップ >> 箕面聖苑の施設説明の紹介

自由に行える葬儀の情報

箕面聖苑を便利に利用する

箕面聖苑では、家族葬から一般的な葬儀お葬式・火葬までが行えます。葬儀場と火葬場が併設されており、お通夜からお葬式、火葬までを1つの場所で行うことができ、移動距離も少なく霊柩車・バス等の費用を削減できます。また、遠方から来る方には親族の控室の利用が便利です。ここでは、宿泊、食事、初七日法要も行えます。宗派も問わず行えるのも助かります。料金プランなどの紹介もされており、箕面聖苑はいざという時にも慌てずに安心して葬儀が行える場所であります。

墓石の材料として使われる花崗岩

墓石の材料で最もよく使われる花崗岩は、石材としては御影石と呼ばれます。花崗岩は深成岩に分類される岩石で、マグマが地中で長い年月をかけて固まったものです。御影石がキラキラと輝いて美しいのは、石英や雲母などの美しい石が含まれているからです。墓石としての御影石は、外国産であれば安価ですが、国産のものは値段が高くなる傾向にあります。国内で産出される花崗岩については、埋蔵量に限りがあります。限りある資源でありながらも、珍重する人が多いために価格が高くなってしまいます。