トップ >> 無宗教葬儀が増える理由

自由に行える葬儀の情報

宗教をもつ人が減少している

無宗教で行われる葬儀が増加している理由としては、宗教をもつ人が少なくなったから、お寺などとの付き合いがなくなってきた、決められた形式で行われることに疑問を持つ人が増えてきている、亡くなられた人にとってふさわしい形式で行いたいなどと、亡くなられた方の遺志を尊重した葬儀が年々増しているのが現状です。考えの変化という理由が最も多いのです。日本では全体的に信仰心が低く、お別れをするという認識が高いようです。しかし、このような背景があるなかでも仏教式が9割を占めているので個人が無宗教を希望していても、残された親族にとっては、なかなか戸惑いもあるようです。

お別れを目的とする葬儀

日本人の葬儀は故人とのお別れをするという考えが多いですが、その理由として、最近は告別式と葬儀を一緒に行う人が増えてきました。もともとは別に行われていたのですが、このような背景も原因の1つです。遺族にとってはメインが告別式となっています。今までこのような形で故人を送ってき、いざ自分の葬儀と考えると宗教感はあまりなかったのに、読経をしてもらったり、お坊さんを呼んだりなど、宗教をもって見送られることに対して自然でないと感じる人が増えてきているのです。また、世代がどんどん若くなっていくにつれて、このような意味に違和感を感じる人も多いということです。